共産。

名作 YouTube聞き流しシリーズ

「蟹工船」小林多喜二

ザ・共産主義 プロレタリア文学ということで なんとなく読まなかった小林多喜二の作品

でも 改めて聞いてみると文章表現はとても面白く 当時の労働者(蟹工船の船員)の苦境ぶりが良くわかる作品でした

朗読聞き流しといっても全編4時間近いため なかなか時間が掛りましたが 面白かったです

最後のストライキのあたりが拍子抜けしましたが 今回の聞き流しを機に 映画も見てみようと思いました

 

小説読んでから 映画というパターンも出来るので 聞き流しお勧めです

 

次回は何にしようかな😎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です